永代供養墓の需要は千葉でも高い

千葉県は位置的に東京に近くて、また交通手段も充実していることから、そのベッドタウンとして発展しています。
また東京に出勤して行く人たちだけではなく、千葉県内で働いているという人ももちろんたくさんいますし、さらに平地の割合が多いために可住地も豊富にあるといった理由から、とても多くの人が生活しています。
ただそんな千葉県であっても、近年日本全国で進行し続けている少子化の流れに関しては例外ではなく、若い世代の人たちが少なくなっているのは確かだと言えます。
そういった少子化に関する問題としては、お墓を継承する人がいなくなる家が多くなるというものがあり、その問題に対する手段として近年注目が集まってきているのが永代供養墓の利用です。

エキサイトニュースの検索がとっても楽になりました。

永代供養墓とは継承者の代わりに、お寺などが供養と管理をずっと行ってくれるお墓のことです。そのため子どもができなかった、または作らなかった夫婦や、結婚せずに独身を貫いた人、さらに子どもはいるけれど遠方で暮らしているため、自分たちのお墓について負担をかけたくないという人など、多くの人が利用したいと考えています。



これまではお墓と言うと、その人が檀家となっている宗派のお寺の墓地に作られるのが一般的でしたが、この永代供養墓においては宗派に関係なく入ることができるという点も、宗教に対して関心を持たない人が多い現代に適している点だと言えるでしょう。

そんな永代供養墓の需要の高さを受けて、千葉県内でもそれを利用できるお寺などの場所が増えています。